屋上防水工事にも定期メンテナンスは必要です。

屋上防水工事が必要なことをほとんどのお客様が知りません。
屋上防水工事をすることよって本来の防水材料の寿命も長くなります。
また改修工事をする際の費用も、しっかりメンテナンスしていることで安くする事が出来ることもあります。

防水の種類

ウレタン防水

ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、
ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水法です。

ゴムシート防水

シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。

塩ビシート防水

塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法です。

FRP防水

強度が高く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、
FRPの被覆防水層を形成する工法です。

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、
シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。

防水の種類と工法により金額、耐用年数が違うので、売却の計画などもお伺いしながら最適な防水材をした、防水工事をご提案致します。

防水工事の重要性

建物の屋上・屋根防水はとても重要です。
なぜなら雨から建物を守ってくれています。
この機能が低下していると知らない間に建物内部に水分が浸透してしまい建物の劣化、精密機器の故障などに繋がる場合があります。

そんな時に定期メンテナンス、防水工事を行っていたら安心です。

お問い合わせはこちら