水道関連

貯水槽清掃は法令で年1回作業する事が義務付けられています。

貯水槽水道はその規模によって分類され、貯水槽の有効容量が10立方メートルを超える「簡易専用水道」は水道法による衛生管理が義務付けられています。一般に貯水槽の管理において気をつけなればいけないのは「水質の管理」と、「貯水槽自体の管理」です。これらは密接に関連しており、貯水層が適切に管理されていないと内部で水質が悪化してしまうことが想定されます。その為には、貯水槽を常に衛生的な状態に保つことが大切になってきます。

具体的な点検事項としては次のものが挙げられます。

  • 貯水槽の周囲が清潔であり、ゴミや汚物等が置きっ放しになっていないか
  • 貯水槽にひび割れや亀裂が入っていないか
  • 貯水槽の壁面の汚れ、異物がないか
  • 貯水槽の外壁が劣化していることによって光が透過している状態でないか
  • 雨水、汚水等が入り込む隙間がないか

貯水槽点検

上記に掲げたものは一般に行われている点検事項の一部となりますが、貯水槽の事故は、普段から適正な管理をすることで未然に防ぐことができます。 しかし、貯水槽設置者の自主管理に期待することだけでは不足とされる規模の貯水槽(簡易専用水道)には関係法令により定期点検が義務付けられています。

簡易専用水道の設置者は、水道法第34条の2及び水道法施行規則第56条により、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関により1年に1回以上(水道法施行規則第55条)の検査を受ける義務があります。

高圧洗浄機による排水管清掃・定期管清掃

排水槽に溜まった排水などが腐敗すると危険なガスや悪臭の原因となります。さらに、排水管が汚れで閉塞してしまい、詰まりが起こってしまうと修理にかなりの費用がかかってしまいます。 それを防ぐためにも定期的な排水管の清掃を心がけましょう。

排水管清掃の画像

排水管清掃とは?

排水管清掃は専用の器具を用いて行います。具体的な作業内容は、排水口から洗浄ノズルをパイプの中に挿入し、高圧の圧力水で管内の汚れ、ヌメリ等を落とします。管内の詰まりがひどい場合には、先端のノズルを取替え排水口に合わせた高圧ノズルを使用することで対処します。作業時間は管内の状況によりますが、1時間から3時間程度です。

一旦詰まるとかなり面倒な排水管

弊社は定期的な排水管のメンテナンス、清掃をお勧めしております。一旦詰まってしまうと、排水管自体を傷めてしまうだけではなく、その補修工事費用も高額になってしまいます。定期的なメンテナンスを行うことで、このようなことや事故を未然に防ぐことが可能です。




タイプによって違う排水管定期清掃の目安

排水管清掃は建物の床面積や住居の規模によって期間も清掃内容も異なります。弊社では、豊富な実績の中で様々な物件の清掃を行い培ってきたノウハウがありますので、安心してご相談下さい。
以下に、住居タイプ・規模ごとの目安を記載するので、ぜひ参考にしてみてください。

戸建て

戸建ての場合、マンションなどとは違い敷地内の排水管は自分で管理する必要があります。
台所や浴室からでる汚れや髪の毛などで、排水管が詰まる前に定期的に清掃することをお勧めします。

一世帯住宅
新築から5年以内に1回、5年以上の建物は2年に1回を目安に排水管清掃を行いましょう。詰まる前の定期的な清掃が望ましいです。
 
二世帯住宅
新築から3年以内に1回、3年以上の建物は2年に1回を目安に排水管清掃を行いましょう。二世帯住宅では外の排水マス、パイプ汚れも酷くなりますので、お早目の排水管清掃をお勧めします。

集合住宅(マンション・アパート)

マンション管理業務においては、「排水管の清掃」は給水設備等とは異なり、法定点検ではありません。しかし、排水管のつまりや悪臭等は住民との大きなトラブルに繋がりかねないので、定期的な排水管の清掃を実施することが望ましいです。
集合住宅の排水管には食べ物のカスや毛髪などの様々な汚れが管内に付着します。これらが蓄積されることで排水不良や悪臭などのトラブルを起こしていまうので、定期的な排水管清掃を行い、管内の劣化を防ぐことで排水管の長期的な維持を行いましょう。

アパート・マンション
2 階建の場合(6 世帯まで)
年に1回の排水管清掃をお勧めします。弊社ではオーナー様の経費負担をできるだけ小さくするために、料金を最大限抑え対応させていただきます。お気軽にご相談下さい。
 
マンション・ビル
4 階建までの場合
マンション・ビルの場合は4階建てまでの物件に限りお請けしております。ただし、30世帯以上の大型マンション、もしくは築40年以上の建物につきましては別途お見積り可能ですので、お気軽にご相談下さい。

以下のようなことが起きたら、すぐに弊社にご相談下さい!

  • 外の排水マスから汚水があふれていた
  • 排水管のマスを開けたら悪臭がして、汚水が溜まっていた
  • 排水マスを開けたら木の根が生えていた
  • 排水マスに泥や砂利が流れ込んでいた
  • コンクリート製排水マスに亀裂や穴が開いていた
  • マスの周りの土が流出して、穴が開いていた
  • つまりがあるが、何が原因かカメラで調べて欲しい
  • 台所、浴室、トイレ、洗面所、洗濯機の流れが悪く、よく詰まる
  • 水を流すと床から水があふれる
  • 定期管清掃をしてほしい

屋上防水工事にも定期メンテナンスは必要です。

屋上防水工事が必要なことをほとんどのお客様が知りません。
屋上防水工事をすることよって本来の防水材料の寿命も長くなります。
また改修工事をする際の費用も、しっかりメンテナンスしていることで安くする事が出来ることもあります。

防水の種類

ウレタン防水

ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、
ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水工法です。

ゴムシート防水

シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。

塩ビシート防水

塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。

FRP防水

強度が高く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、
FRPの被覆防水層を形成する防水工法です。

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、
シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する防水工法です。

防水の種類と工法により金額、耐用年数が違うので、売却の計画などもお伺いしながら最適な防水材をした、防水工事をご提案致します。

防水工事の重要性

建物の屋上・屋根防水はとても重要です。
なぜなら雨から建物を守ってくれています。
この機能が低下していると知らない間に建物内部に水分が浸透してしまい建物の劣化、精密機器の故障などに繋がる場合があります。

定期メンテナンス、防水工事を行っていれば安心です。

○ 点検・保守関連
○ 水道関連
○ 外壁・ガラス関連
○ 床・カーペット関連
○ 定期清掃・植栽管理関連
○ リフォーム関連
お問い合わせはこちら