外壁・ガラス関連

窓ガラス・ショーウィンドウは店の顔です。

窓は一番に目がいくものです。
窓の主な汚れは水垢や手垢であることがほとんどだと言われています。特にウロコ状の水垢は、自分で取ろうとしてもなかなか除去することができません。そのほかにも、シールのこびりつきやタバコのヤニなどの汚れも多いといわれています。強い洗剤を使ったり何度も拭かなければならず、非常に手間のかかるものです。このような苦労や手間をかけて窓の掃除は自分で行う方が多いようですが、一度弊社に御相談ください。

作業工程

1.シャンプー作業
専用のモップで洗剤を含ませ汚れを表面に浮き上がらせます。
2.スクイジー作業
車のワイパーのようなもので浮き上がらせた汚れを取っていきます。
3.吹き上げ作業
マイクロクロスで除去出来なかった汚れ、主に窓枠の4隅を清掃していきます。

この3工程で窓を綺麗にしていきます。

クリーニング以外の出来ること

網戸掃除・張替え

網戸のクリーニングも対応しています。網戸の張替えもオプションで行います。ホコリがつまりやすい網戸ですが、クリーニングを行うことで、風も流れやすくなり、見た目もよくなります。

フッ素コーティング

ガラス窓にフッ素コーティングをすることで、窓に汚れが付きにくくなります。フッ素コーティングをした窓は長い間明るい光を取り入れることができ、手入れも水拭きと乾拭きを行うだけで、きれいな窓を長く維持することが出来ます。フッ素コーティングのほかに、赤外線をカットする、遮熱コーティングなども選べます。

窓ガラス・ショーウィンドウは常に綺麗にしておく必要があります。
高層マンションビルの高所普段掃除できない場所でも対応していきます。
プロが使う専用の道具で窓ガラスを本来の姿に蘇らせます。

外壁の汚れ痛みの原因は様々です。

1次汚染、2次汚染、3次汚染、釉薬の損傷、人為的損傷、エフロレッセンス、錆(さび)、転移錆、光彩現象などがあります。

外壁の観察を行ってみてください。例えば、雨垂れ・色が変わる・つやが無くなっている、白くなっているなど天気の良い日にチェックしてみてください。
もし気になること疑問点があれば、そのお悩みの解決をお手伝いできるかもしれません。
1年に1回の洗浄でかなり違ってきます。
外壁洗浄を行うと外壁がきれいになるだけではなく、外壁の劣化を防ぐことができるため、定期的に行うことで建物自体の寿命を伸ばすことができる作業になります。
様々な場所を薬品などを極力使わず高圧洗浄により外壁のイメージアップをはかりましょう。

洗浄の種類

ブラシによる洗浄

ブラシによる洗浄はとても安価ですが、その分、汚れの落ちが悪いという欠点もあります。しかしこまめに洗浄をしていくことで、洗浄力が低くてもきれいな外壁を維持することが出来ます。ただし、場所によってはブラシでこすることで傷がついてしまうこともあります。

高圧洗浄

高圧洗浄では、下地に付着している油やさび、塵埃、粉化した塗料、旧塗膜などを完全に除去するべく塗装する表面を洗浄します。

薬品洗浄

高圧洗浄だけで汚れが落ちないようなケースに行います。薬品洗浄は薬品の選定など、高い知識と技術力が求められる作業です。

外壁調査

耐久性のある鉄筋コンクリート造の建物でも、日常の風雨、光、熱等の自然環境要因や、人的使用状況などにより、経年とともに材料の強度や性能に老朽化・劣化が顕れます。そこで、外壁の補修工事の基礎資料や外壁の現状把握の為に、外壁調査を行います。
外壁調査は手の届かないところは、高所作業者やゴンドラを使っていきます。

調査方法

打診調査

打診用のハンマーを用いて壁面を打診し、打診音により壁面の浮きを確認します。

ひび割れ調査

専用の道具を使いひび割れ幅を計測します。また長さも同時に測定します。

欠陥

欠陥部を測定し記録します。鉄筋が厚みをおびているなど、膨張しているなど様々な視点から欠陥が起きた原因を調べていきます。

赤外線による調査

赤外線を使い表面が浮いているかを調査していきます。表面温度の微妙な違いを読み取り、壁面の浮きを確認することができます。また打診検査と合わせて使っていきます。

法律が変わり築年数の古い建物は外壁調査が義務づけられました。
弊社では、正確な調査を行い無駄の少ない工事見積もりを作ることを可能にします。

○ 点検・保守関連
○ 水道関連
○ 外壁・ガラス関連
○ 床・カーペット関連
○ 定期清掃・植栽管理関連
○ リフォーム関連
お問い合わせはこちら